忍者ブログ
各地の海・山・里の旬な食材・収穫シーンを紹介してます。
このブログについて
※このブログに掲載の画像及びコピーに関しての無断転載・転用を堅く禁止します。尚、画像は著作権フリーではありません。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング
よければポチッとお願いします。
Hit Item!!!


ブログ内検索
アクセス解析
23
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




デパートやくだもの屋の店頭には今、各地の桃が所狭しと並べられています。長い梅雨の晴れ間をえて、和歌山県紀の川市桃山町に、名産のあらかわの桃の取材に行ってきました。伺いましたのは、桃山町元にある 藪本畑下農園(やぶもとはたしたのうえん) さん。案内していただいたのは、奥様の あずさ さん。ご主人とそのご両親とともに頑張る、若くて元気な、一児のお母さんでもあります。

農園に関しては、http://www.yabumotohatasita.com/index.htmまで。







夏場の収穫の殆どがそうであるように、今回もまた早朝5時のスタートとなりました。朝日が斜めに差し、桃の色が見えはじめるといよいよ収穫の開始です。この日収穫の桃は、清水白桃(しみずはくとう)、 色白で上品な甘さ、桃の女王的存在です。

白鳳(はくほう)の収穫を終えて、7月末あたりまでが最盛期になります。前日までにかなりの収穫があったとの事で、この日は比較的のんびりムード。脚立の上で収穫されるお父様の ちかひろ さんにお話しを伺いながら合間にシャッターをカチャッ。収穫用のコンテナ20個ほどでこの日は終了です。その後は、自宅直売所に持ち帰り選別に入ります。








収穫された清水白桃は、よそに比べると少し赤みが差しています。聞いてみると、この農園では、独自の販売ルートで消費者の元へ届けており、出来る限り木なりで熟させることで充分な甘みの桃にしているとのこと。出来れば完熟一歩手前ぐらいにしたいとか。そんな桃の糖度は、13~17度、稀に20度を超えるものもあるそう。注文した人の多くが完熟の味ののった桃を喜び、リピーターとなるようです。一般的には、輸送時のアタリやキズなどの問題もあり、まだ青い位で出荷し、追熟させます。藪本さんのところでも、追熟を待つ桃を見せていただきましたが、よりおいしい桃を提供するためのこだわりで、元々の意味がちがいます。








桃の木は、3年以降10年ほどで収穫に至り、30年を過ぎると衰えるそうで、藪本さんの所でも3年前に若木を植えて有りました。今の農園は、ご主人とあずささんのそれぞれのお爺さまが、一代で作り上げたもので、お二人は今後、専業を目指して少しずつ大きくしていきたいとか。後継者難や放置農園など、様々な問題をかかえながらも頑張る農家のモデルケースになれればと、キトサン使用の減農薬栽培、特別栽培農産物生産圃場の認定など、安全な食物の生産に関わる農家として近い将来、無施肥無農薬の桃の提供を目標に頑張っていらっしゃいます。




     
(2009.7.23)
PR
Trackback URL
Copyright c marukの旬素材ニュース All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]