忍者ブログ
各地の海・山・里の旬な食材・収穫シーンを紹介してます。
このブログについて
※このブログに掲載の画像及びコピーに関しての無断転載・転用を堅く禁止します。尚、画像は著作権フリーではありません。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング
よければポチッとお願いします。
Hit Item!!!


ブログ内検索
アクセス解析
24
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




数少ない日本原産の野菜に蕗(ふき)があります。大きく分けて3系統、水ふき、秋田ふき、愛知早生ですが、今回は愛知早生。全国生産の上位をしめる大阪ふきを取り上げます。もともと大阪ふきの起源は、貝塚の清児(せちご)にあると言われていますが、現在はその隣町熊取町が泉州地域における出荷量の半ばを占める産地です。そして、その殆どを2軒の農家で栽培しています。そのお一人、向井 利夫さん の畑にお邪魔しました。





一年の内、数ヶ月もの間流通している蕗ですが、本来の時季は春、四月・五月です。桜の季節と重なり、筍とも並ぶ旬の食材です。これより早くハウスによる促成栽培は、三月ひな祭りの頃から一番ぶきがでますが、そのハウスの二番ぶき が出る頃に寒冷紗の覆いの下で育った一番ぶきが最盛期を迎えます。向井さんによると、この蕗がハウスものよりも柔らかく、風味も良くいちばん美味しいとのこと。質・量ともにピークを迎えています。





流通は十月ハウス栽培の秋ふきから翌年の六月まで前出の寒冷紗ものや、路地ものもまじえて半年以上に渡ります。

蕗は繊細な野菜で病害虫に弱く、霜の害も受けやすくて、殊に今年は雨が多く日照が不足し管理が難しい年だったそうです。三月に冷え込んだことも作柄に影響しています。とはいえ、この日の収穫はご両親、奥様、向井さんの4人で蕗一本一本を根元から かきとる 作業、色鮮やかに大きく育った蕗を次々にゴザの上に並べ、数十本ひと纏めに担いで荷台に運びご自宅の作業場へ。夜にかけて翌早朝の出荷の下準備です。





向井さんは三十年ほど前、当時主に栽培していたタマネギの不安定さから、少しずつ蕗の栽培に切り替えてこられ、ご自身なりの研究の末現在に至っています。多種の病気やアブラムシの媒介するウイルスも悩みの種で、一年を通して土作り、消毒など余念がなく、強い種(株)を得るため個人で種(株)専用の圃場もお持ちです。農業センターから入手した株を三年かけて育て、畑には毎年新しい株を植えます。畑は連作障害を防ぐため収穫が終わる六月以降、鋤き込み、湛水し、二ヶ月ほど夏の太陽にさらして秋に備えます。





収穫された蕗を見ますと、かきとられた根元から葉先まで1メートルを超えるものも少なくありません。鮮やかな緑、たっぷりと水分を含み新鮮そのもの。かつて横山ノック知事に命名された”のびすぎでんねん”まさにその名の通り。

蕗の香も一面に漂っています。一番ぶきを収穫したあとには、まだ伸びていない芽があちこち残されていてこれらが一ヶ月後、二番ぶきに成長します。ただし食味は一番ぶきには敵わないそうです。それぞれの一番ぶきの前、二月にはふきのとうの出荷もあります。





最近では、手間をいやがり、食卓にのぼることも少なくなった蕗ですが、旬のこの時季には是非、シャキシャキした食感と独特の香りを楽しみたいものです。

(2009.4.8)
PR
Trackback URL
Copyright c marukの旬素材ニュース All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]